検索
  • 増田 洋史

痛みの少ない注射をめざして

最終更新: 2020年10月13日


注射は痛いものです。きっと痛かったのに、そのように言っていただける患者様もいることでしょうし、その気遣いをとてもうれしく思います。

そんな中、毎日インフルエンザの予防接種を行っていく上で、痛くない注射はどのようなコツが有るのか調べてみました。

すると、いくつか新しく知った知識があるのでご紹介いたします。

1.ワクチンを素早く注入する

一見、急速に薬液が入るので痛そうですが、実際には逆のようです。ゆっくり注射される方がじわじわと痛く感じるそうです。

2.注射器の内筒を引かない

血管内に注射をしないようする予防策の一つです。近年は細い注射針を使用することで血管には入ることはなく、この引くときに陰圧となり痛みを感じるので、行わずにすばやく打つことが重要です。

3.不活化ワクチンは深めにに打つ

深く注射したほうが痛くないそうです。

以上のようなことを取り組むようになってから「痛くなかった!」と言ってくださることが多くなった気がします。また、お子さんが「あれ?痛くなかった~」と言って笑顔を見せてくださる時があります。笑顔で帰るお子さんをみて、とてもうれしいものです。今後も少しでも痛みを軽減できる方法があれば、勉強していきたいです。


903回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏季休暇のお知らせ

2021年8月8日(日)〜8月15日(日)まで夏季休暇のため休診となります。 8月16日から通常診療を再開しますので、予めご了承ください。

風邪症状で受診される患者様へのお願い(2021年7月27日更新)

発熱、せき症状のある方の院内の立ち入りを制限しています。 他、嘔吐、下痢、咽頭痛など風邪症状をいずれか認める患者様は事前にお電話でお問い合わせしてください。 当院ではPCR検査含め新型コロナウイルス関連する検査、治療は行っていませんので予めご了承ください。 またインフルエンザ、溶連菌などの検査、発熱患者のレントゲン、採血検査も十分な隔離ができないため行っておりません。 新型コロナウイルス感染症含め

お電話が大変繋がりにくくなっております

新型コロナワクチンなどに対してのお問い合わせを多数頂いており、診療開始直後など電話が繋がりにくい時間帯がございます。つながらない場合は誠にお手数ですが、しばらく時間をおいてからおかけ直しくださいますよう、お願い申し上げます。 午前は11:30以降、午後は16:30以降が比較的繋がりやすくなっております。 お急ぎでない場合は当院ホームページのお問い合わせよりメッセージただければ一両日中には返信させて