検索
  • 増田 洋史

痛みの少ない注射をめざして

最終更新: 2020年10月13日


注射は痛いものです。きっと痛かったのに、そのように言っていただける患者様もいることでしょうし、その気遣いをとてもうれしく思います。

そんな中、毎日インフルエンザの予防接種を行っていく上で、痛くない注射はどのようなコツが有るのか調べてみました。

すると、いくつか新しく知った知識があるのでご紹介いたします。

1.ワクチンを素早く注入する

一見、急速に薬液が入るので痛そうですが、実際には逆のようです。ゆっくり注射される方がじわじわと痛く感じるそうです。

2.注射器の内筒を引かない

血管内に注射をしないようする予防策の一つです。近年は細い注射針を使用することで血管には入ることはなく、この引くときに陰圧となり痛みを感じるので、行わずにすばやく打つことが重要です。

3.不活化ワクチンは深めにに打つ

深く注射したほうが痛くないそうです。

以上のようなことを取り組むようになってから「痛くなかった!」と言ってくださることが多くなった気がします。また、お子さんが「あれ?痛くなかった~」と言って笑顔を見せてくださる時があります。笑顔で帰るお子さんをみて、とてもうれしいものです。今後も少しでも痛みを軽減できる方法があれば、勉強していきたいです。


768回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

風邪症状で受診される患者様へのお願い(2020年12月21日更新)

また、当院ではPCR検査含め新型コロナウイルス関連する検査、治療は行っていませんので予めご了承ください。 またインフルエンザ、溶連菌などの検査、発熱患者のレントゲン、採血検査も十分な隔離ができないため行っておりません。 新型コロナウイルス感染症含めかぜ症候群に明確な治療法はなく、感染を拡大させないためにもまず自宅などで自己隔離の上、安静にすることが何よりの治療です。 当院はご高齢な方、糖尿病や心不

 受付時間    月 火 水 木 金 土 日/祝

09:00~12:30   ◯ ◯ ◯ / ◯ ◯   /

15:00~18:30   ◯ ◯ ◯ / ◯ /   /

休診日:木曜日・日曜日・祝日

*採血などの各種検査の受付は18時15分までです。

Copyright © 2018 増田内科クリ二ック. All Rights Reserved.