検索
  • 増田 洋史

痛みの少ない注射をめざして

更新日:2020年10月13日


注射は痛いものです。きっと痛かったのに、そのように言っていただける患者様もいることでしょうし、その気遣いをとてもうれしく思います。

そんな中、毎日インフルエンザの予防接種を行っていく上で、痛くない注射はどのようなコツが有るのか調べてみました。

すると、いくつか新しく知った知識があるのでご紹介いたします。

1.ワクチンを素早く注入する

一見、急速に薬液が入るので痛そうですが、実際には逆のようです。ゆっくり注射される方がじわじわと痛く感じるそうです。

2.注射器の内筒を引かない

血管内に注射をしないようする予防策の一つです。近年は細い注射針を使用することで血管には入ることはなく、この引くときに陰圧となり痛みを感じるので、行わずにすばやく打つことが重要です。

3.不活化ワクチンは深めにに打つ

深く注射したほうが痛くないそうです。

以上のようなことを取り組むようになってから「痛くなかった!」と言ってくださることが多くなった気がします。また、お子さんが「あれ?痛くなかった~」と言って笑顔を見せてくださる時があります。笑顔で帰るお子さんをみて、とてもうれしいものです。今後も少しでも痛みを軽減できる方法があれば、勉強していきたいです。


943回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

インフルエンザワクチンについて(2021/10/19)

最新情報(2021/10/19) インフルエンザの予約枠の順次拡大について日付が変わるタイミングとご案内してまいりましたが、システムトラブルによりうまく開放されませんでした。予約に付きましてご準備していた方には大変ご迷惑をおかけいたしました。謹んでお詫び申し上げます。 11月16日分の予約枠につきましては本日午前9時より開放いたします。明日以降も順次午前9時とさせていただきますので、ご了承ください

公式ラインアカウントのお知らせ

増田内科クリニックの公式ラインアカウントができました。 インフルエンザワクチンのお知らせや夏休みや年末年始などの休診情報、急な診察状況の変更などの際、随時お知らせいたします。 是非、お友達登録をお願いいたします。 こちらから設定できます。 ↓↓ https://lin.ee/dnUhkvp

腹部超音波検査再開のお知らせ

新型コロナワクチン感染拡大の影響を受け中止していた腹部超音波検査を再開します。 当面は土曜日のみ、完全予約制です。検査ご希望の方はお気軽にご相談ください。