受付時間    月 火 水 木 金 土 日/祝

09:00~12:30   ◯ ◯ ◯ / ◯ ◯   /

15:00~18:30   ◯ ◯ ◯ / ◯ /   /

休診日:木曜日・日曜日・祝日

Copyright © 2018 増田内科クリ二ック. All Rights Reserved.
診療案内
Consultation

一般内科

 以下のようなご病気に対する診断、治療を行います。

 また、健診で指摘された異常の再検査や精密検査、治療も行います。何科にかかればよいかわからない症状もご相談ください。

日常的なおからだの不調

◎発熱や咳、痰、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなどの風邪症状

◎腹痛、胸やけ、嘔気、下痢などの胃腸炎、慢性便秘などのおなかのトラブル

◎じんま疹、鼻炎、花粉症、気管支喘息などアレルギー症状

◎不眠、寝付きが悪い、気分が落ち込むなど

◎残尿感、尿が近い、尿意が強く間に合わないなど前立腺肥大や過活動膀胱など泌尿器疾患

**インフルエンザについて**

例年11月〜3月頃まで流行する発熱性疾患です。

かかってしまうと本人が辛いばかりか、周囲へ感染を拡大させてしまうやっかいな病気です。主に、寒気や関節の違和感を伴う38℃以上の発熱を認めた場合に強く疑われます。早期に診断し、タミフル、イナビル、ゾフルーザなど特効薬を使用することによって解熱を早めるなど効果が期待できます。

インフルエンザワクチンについてはこちらをご覧ください。

当院でのインフルエンザ検査について

当院では、インフルエンザウイルスに感染後6時間以上経過していれば、90%以上の感度で検査可能な迅速診断キットを導入しております。検査は即日、5分程度で行うことが可能です。症状が出ましたらご家族や周囲の方に拡大させないためにも、早めに受診をおすすめします。

花粉症治療について

花粉症の症状軽減には早めの治療が大切です。一般的なスギ花粉の飛散時期は3月頃からされており、2月頃から抗アレルギー薬を使用することにより症状を確実に抑えることができます。
花粉症治療で患者様が一番気にされるのは薬による眠気です。しかし病院で処方される薬の中には、眠気のない薬もあります。市販薬に多い第一世代抗ヒスタミン薬はくしゃみ・鼻水を止めますが、眠気が強く、口が乾くという副作用がありました。その副作用を軽減するために、第二世代、第3世代の抗ヒスタミン薬が現在病院で処方する薬の主流となっています。薬によってはほとんど眠気がない薬もあり、どうしても気になる方は点鼻薬や点眼薬での対応も可能です。症状やご希望に応じて、対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

老年内科

最近物忘れがひどくなった、家族の様子がおかしいなどの認知症のご相談いただけます。近年では認知症とされている患者さんの一部に甲状腺疾患の関連が指摘されており、一度検査をお勧めいたします。甲状腺外来についてはこちらをごらんください。

 すでに認知症と診断され、通院が難しいなど訪問診療のご相談も受け付けています。詳しくはこちらへ。

 また、退院したばかりでかかりつけがないなどの理由から、介護申請のための主治医意見書作成にお困りの方についても必要な検査、診察の上で作成させていただきますので、お気軽にご相談下さい。