top of page

*施設基準等に関する掲示事項*

明細書発行体制等加算

当院では、個別に診療報酬の算定項目が分かる明細書を無料で発行しています。
明細書には使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されますのでその点をご理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合はその代理の方への発行を含めて、明細書の発行を希望されない方は会計窓口にてその旨お申し出ください

外来感染対策向上加算・連携強化加算

当院では、院内感染防止対策として、下記のような取り組みを行っています。
・感染管理者である医師が中心となり、従業員全員で院内感染対策を推進します。
・標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成しています。
研修等を通じて院内感染対策の基本的な考え方や関連知識の習得に努めます。
・定期的に院内を巡回し院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染対策の実施状況等を確認しています。
・感染性の高い疾患が疑われる場合には、必要に応じて動線などに配慮し対応します。
厚生労働省の指針に則り抗菌薬を適正に使用します。
・少なくとも年 2 回程度、感染対策向上加算 1 に係る届出を行った医療機関(さいたま市立病院)が定期的に主催する院内感染対策に関するカンファレンスに参加。また、感染対策向上加算 1 に係る届出を行った医療機関(さいたま市立病院)が主催する新興感染症の発生等を想定した訓練に少なくとも年 1 回参加しています。

・新興感染症の発生時等に、都道府県の要請を受けて発熱患者の外来診療等を実施する体制を有しそのことを自治体のホームページで公開しています。

 

このような取り組みから、患者様おひとりにつき月1回「外来感染対策向上加算」「連携強化加算」を算定させていただいております。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます

医療情報取得加算・医療DX推進体制整備加算

当院では、オンライン資格確認を行う体制を有し医療DX推進体制を構築しています。
質の高い診療を実施するため、受診歴・薬剤情報・特定健診情報・その他必要な診療情報等を十分に取得し活用しています。

情報通信機器を用いた診療

情報通信機器を用いた診療の初診の場合には、睡眠薬など向精神薬は処方できません。

長期処方・リフィル処方せんについて

当院では患者さんの状態に応じ、

  • 28日以上の長期の処方を行うこと

  • リフィル処方せんを発行することのいずれの対応も可能です。

※ なお、長期処方やリフィル処方せんの交付が対応可能かは病状に応じて担当医が判断致します。

一般名処方加算

当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組み等を実施しています。
現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方を行う場合があります。一般名処方により、特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、有効成分が同じ複数のお薬が選択でき必要な医薬品が提供しやすくなります。

夜間・早朝等加算

当院は、月・火・水・金曜の9:00〜12:30、15:00~18:30、土曜の9:00〜12:30を診療時間と定めています。厚生労働省の規定により、平日18:00以降・土曜日12:00以降は夜間早朝等加算が適用されます。

bottom of page